■ 2010/01/29 なりきりバカップル!「本当は、アンタとなんてイチャイチャしたくないんだからねっ!」 戦 ■
(マリゴールド品川ネルスタジアム)

なりきりバカップル! 「本当は、アンタとなんてイチャイチャしたくないんだからねっ!」 --------------------------
   なりバカ  vs Kowalski.
   3 − 5
   11         11
   8 − 6
--------------------------
amazon
得点 前半14分: 北都 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半36分: 杏子 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半37分: 杏子 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半10分: すだち (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半22分: 阿久津 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半24分: 阿久津 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半26分: 阿久津 (Todays Goal=3/年間通算=3)
後半29分: 阿久津 (Todays Goal=4/年間通算=4)
後半40分: 遠野 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半41分: 遠野 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半42分: 遠野 (Todays Goal=3/年間通算=3)
交代 なし
MVP:阿久津ルナ
監督:K-TOK、川原圭人

緑川新一 7.0 身の程をわきまえて、というのは失礼だろうが、無理をせず自分に出来る範囲でしっかり考えようとしている姿には好感が持てる、やっぱり常識人はいいね。
杏子御津 5.5 通常のプレーは可愛すぎる、ゴールの後とか超やヴぁい。しかし、シュートははっきり言ってヘタ。ボールを一旦止めてから打とうとするクセが抜けない、流れを止めずにフィニッシュまで行けるようになれば、もっと良い選手になれると思う。頑張る気持ちはあるようなので、今後に期待。
すだち茉莉花(石橋朋子) 6.5 久々に悪くない。何にでも興味津々な優等生というポジションを上手くこなしていたと思う。シュートが荒いのはもう諦めた。
阿久津ルナ(木村あやか) 8.0 木村の定番プレーだがツボにはまった。シュートは流石の攻撃力、フリーキックも決めて文句なしのMVP。
遠野そよぎ 7.5 元気いっぱいのサイド、自然体な感じが良かった。得点後に油断するクセが最後まで抜けなかったが、まあご愛嬌だ。
北都南 7.0 短いチャンスにもきっちりと1得点。やはり何処をやらせても上手い。
カンノ 8.0 SD担当。目立たないポジションながら、実に良い仕事をした。
あらいぐま 5.5 ちょっとイヤな方向へ進化してしまった気がする。ボールが集まりやすいようにキーパーが派手な色のユニを好んで着用することがあるのは知っていたが、いくらなんでもビビッドすぎるだろう。失点の原因は修正できなかったチームにもあるが、本人が真摯に受け止めることもまた必要だ。

試合経過
前半開始 ひわ様→香奈美
3分 待望の杏子1トップ。さあ、始まった。
このツンデレは良い奴だな。
話が早くて助かる。常識的に展開するのも好感触。
おっと北都が珍しくパスミス「まどい」だよね。
<Lost!>アイキャッチがのろいので、試合を妨げるぜ……。
杏子はキスプレーはあんまり上手くない感じ。
5分 北都のシュートはゴールを阻まれる。逆に北都はキスが超上手い。
10分 攻撃的な遠野。杏子の恋愛素人っぽさは良い感じ。
主人公はメガネ男子だな。あったりなかったりするが。
遠野のシュートはゴールを阻まれる。転んでしまったが、それでいい、それでいいんだ。
散々言われていた私服だが、こうして全員揃うと圧巻だな……。
杏子のシュートはゴールを阻まれる。外れてしまったが、それでいい、それでいいんだ。
杏子のBGV(バックグラウンドボイス)とボイスの区別が付きにくいので困る。
12分 北都のシュートは枠外。
13分 北都のシュートはゴールを阻まれる。これは珍しい攻撃。
14分 <Gooooal!>北都の1号。どうやら神様√に入ったっぽい。
15分 <Lost!>神様とデート。すごく……蛍光グリーンです。
そして神様エンド。まあ、こんなもんだよね。
21分 <Lost!>なんだ? ひわ様が化けたのか?<バグでした。
35分 杏子のシュートはゴールを阻まれる。破瓜の血の表現がちょいグロかった。
<Lost!>これはチームスタッフのミス。我々の業界ではご褒美だが……。
36分 <Gooooal!>杏子の1号。最初は司令塔と息が合わず、やり直しを2度目で決めた。
37分 <Gooooal!>杏子の2号。裸エプロンよりは制服エプロンのが好きです。
38分 杏子のシュートはゴールを阻まれる。風呂。
39分 杏子のシュートはゴールを阻まれる。風呂その2。
40分 杏子のシュートはゴールを阻まれる。バカップルの本領発揮か。
41分 <Lost!>姫系ファッションってやつだろうか……。
杏子のシュートはゴールを阻まれる。胸で。
42分 杏子のシュートは枠外。映画館。
43分 杏子のシュートはゴールを阻まれる。例えフィクションでもプール(水中)でするのには抵抗があるなあ。
44分 杏子のシュートはゴールを阻まれる。最後は王道の正面から。
45分 かなみん終了。まあ、定番だし良しとするか。
前半終了 何度考えても杏子がこのオファーを受けたのは不思議。
後半開始 瑞花→智→紀久子
5分 理解力の高い人間で助かる。このライターはこういうところでぐだぐだしないのが良いね。
10分 <Gooooal!>すだちの1号は正面からのシュート。
11分 すだちの両足シュートはゴールを阻まれる。
12分 <Lost!>何処のお嬢様だろうか、フラメンコ的配色が情熱的ではある。
すだちのメイドシュートは枠外。ヘディング、正面と二度の攻撃も決めきれず。
13分 すだちのサンタシュートは枠外。
14分 すだちの着物シュートは枠外。シュートが雑になってきた。
15分 <Lost!>瑞花終了、なかなかお似合いのカップル。だが盛り上がらないまま終わるのは如何ともし難い。
20分 イメージトレーニング、阿呆だが木村のプレーが大変可愛らしいので俺によし。
話をこじれさせない主人公、素直でよろしい。
智は本当に良い子だ。
またスゴイ私服が来た。ラケットでパスタを作る映画は『アパートの鍵貸します』だな。
22分 <Gooooal!>阿久津の1号はフリーキック。ピンチからバカップルへの大逆転、これはもう阿久津を褒めるしかない。
24分 <Gooooal!>阿久津の2号。王道の真正面。
25分 <Lost!>智は好きだが、流石にこれは目が痛すぎて防ぎきれない。テニスウェアも危ない。
阿久津のシュートは枠外。ちょっと目が怖いです。
26分 <Gooooal!>阿久津の3号。ヘディングを確実に決める。
27分 阿久津のシュートはゴールを阻まれる。
28分 阿久津のシュートはゴールを阻まれる。またプール、だから水中はやめい。
29分 <Gooooal!>阿久津の4号。後ろから押し込む。
30分 智終了、これはバカップル。う、うらやましくなんかないんだからねっ。
35分 元気なそよぎ、この娘も良い娘だ……。
目の覚めるような深い青だが、これはギリギリ許せる。私服で失点しなかったのはエライ。
呪い関係ないのは変化球だなー。
38分 <Lost!>修羅場がなさすぎるってのもなあ、この時間帯はちょっとかなみんがヤキモチ焼いたりしてくれてもいいのに。
40分 <Gooooal!>遠野の1号。司令塔の危険察知能力がチームを救う、こんなこともあろうかと!
41分 <Gooooal!>遠野の2号。一瞬の気の緩みが命取り(カラオケボックス的に)!
42分 <Gooooal!>遠野の3号。開放感溢れるシュート。選手はちゃんと学習してる。
43分 遠野のシュートは枠外。勝負をかけてきたが逆に失敗。ついでに気になる尿の色ではある、お疲れだろうか。
44分 <Lost!>遠野のシュートはゴールを阻まれる。悪魔コスには見えない、チームとの連携が取れてない証拠だ。
45分 <Lost!>紀久子終了、無難すぎる終わり。結局いつもの展開に戻ってしまった。
試合終了 呪いによってところ構わずキスする話。キスしまくって呪いが解けたら今度はHしまくってエンド、サブはこれの短縮版。バカップルは何処行った? 善人ばかりでスタジアムの雰囲気が良いのは救いだが、やきもちひとつない優等生では起伏に欠ける。アイキャッチが度々試合を止めるのもマイナス。シュートは多いが、終盤に集中しすぎる為、全体を通しての試合のバランスは非常に悪い。枚数は少なく時間は普通。1トップの時間が試合の八割を占める為、FWのシュートが多い。選手はその1トップに杏子御津の大胆起用、シュートに関しては完全な失敗だが、それ以外ではニヤニヤ出来る。他は無難にベテランで固めてある。GKはクセが強く、ダメな人も多そうだ。杏子サポにはバイブルとなる可能性があるが、他は回避で良いだろう。
K-TOK
川原圭人
6.0 呪いを解くまでの前半で力尽きた印象。設定やキャラは非常に良かったので勿体無い。

フラビオ越前の一言
「有限会社マリゴールドのHPへようこそ(入れない)。」

■ 2010/02/26 まじからっと☆れいでぃあんと 戦 ■
(パラソル板橋スタジアム)

まじからっと☆れいでぃあんと 初回限定版 --------------------------
    まじから vs Kowalski.
   3 − 3
   6        7
   3 − 4
--------------------------
amazon
得点 前半9分: 白山 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半16分: 白山 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半39分: 成瀬 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半10分: 青山 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半34分: 志田 (Todays Goal=1/年間通算=5)
後半41分: 倉田 (Todays Goal=1/年間通算=1)
交代 なし
MVP:ちこたむ
監督:田中タクヤ、村主すぐり、藍坂ゆの

戸高広秋 4.5 顔は可愛いが、致命的なまでに鈍い。とりあえずメンタルが非常に弱いので長と名が付く仕事はやめておいたほうが良いと思われ。文化祭をあんまり手伝わない。
成瀬未亜 5.5 いつもの成瀬だったなあ……という感想しか無い。
この試合ではシナリオにも足を引っ張られる格好に。
倉田まりや 5.0 ポストプレーでこそ存在感を示したが、肝心のルートで周りを信用できず評価を大きく下げる結果に。
シュートにはややクセがあって良かっただけに残念。
白山ツヅキ(上原ともみ) 5.0 天使と悪魔の二つのプレーを使い分け相手を翻弄するものの、ゴール前では残念なプレーが続いた。しかし涼莉は可愛いな!
青山ゆかり 5.5 これはポジションがミスマッチだったと思う。
最後までその違和感が拭えなかった。
志田かな(木村あやか) 6.5 おっとりメイドを好演。
ワンチャンスを確実にモノにするあたりは流石。
広瀬透子(安玖深音) 6.0 サイドで無難なプレーを見せたが、やはり安玖深がノーシュートというのは寂しい。
黒崎猫 6.0 プレーには問題なし、問題なのは位置。
前線の5人の誰とでも入れ替え可能なのに、実に勿体無い。シュートも見たかったなあ。
酒井みすず(水沢光) 6.5 ポジションは合ってたと思う。シュートを打たなければ、それほど腹も立たないものだということに気付いた、それどころかちょっと良かった。前半の王様プレーでどうなるかと思ったが、エルトリンデ√などで持ち直した。
諏訪部順一 6.0 もう少し活躍するかと思ったが、殆どの時間で消えていた。
つゆりよつば - 友人ズでは一人だけ名前が判明(もうひとりは多分黒崎)。
東が良い奴だった。
ちこたむ 7.0 『とらぶるツインズ』以来のフル出場、eリーグでは意外にもこれが初めて。そして長丁場だとちこたむにもミスが出てくることも分かった。表情に、バランス、乳首の大きさ……等、この試合はやや安定を欠く結果に。しかしながら可愛いプレーはとことん可愛く、ミスを補ってなお余りある。

試合経過
前半開始 涼莉→リシェル
1分 全てがちこたむという夢のゲームが開幕。
3分 退屈なゲームだ……キーパーだけでどこまで防ぎきれるやら。
やば、眠くなって……。
ちこたむのショートっ娘は安定の可愛さ。
5分 <Lost!>起動するたびに全画面表示が解除される仕様なのは勘弁してもらいたい。
6分 メイドの水着がないことに絶望した。
カードを出す度に服を着替える奈乃。
いつになったら試合が始まるんだろう……。
8分 風紀委員長は学園の支配者。
ようやく試合が動きそう……っていうか動いてください、お願いします。
9分 一転してゴール前へ。SNEGリーグの司令塔はみんなシュートに行くまでが早いなあ。
<Gooooal!>白山の1号。予想以上に戸高がゴール前でねちっこくキープした。シュート態勢に入ってからは早かったけど。
10分 涼莉十分に胸あるだろ……。
12分 白山のヘディングシュートはゴールを阻まれる。ちょっと浅かったか。
13分 ウルトラQ 第25話「悪魔っ子」
16分 <Gooooal!>白山の2号。これはもうヘディングの時点で決まっていた。何気にシュートの時の曲が良い。
19分 白山のシュートはゴールを阻まれる。最後の攻撃は絵が残念。とくに1枚目なんか。ちこたむはたまにこうなる時がある。
20分 涼莉終了。手堅くまとまっていたと思う、長くなければ。
21分 また長いな……。
こら、なぜメイドの制服姿を妄想しない!
24分 <Lost!>何か不幸話が始まりそうな雰囲気。子供の頃は魔法を失敗したことがないんじゃなかったのか? そもそも姉妹いないのでは?
25分 ラッキーカラーはグリーン。ずいぶん気分の切り替えが早いなとは花京院の談。
26分 これって奈乃の時は同じ失敗を繰り返したってことにならないかなあ。
30分 やばい幼い、ちこたむ幼いよ。
32分 さすがに手紙は無理があるだろ、と思った。
35分 この時間帯はエルトリンデがポストプレー。
引っ張るなぁ……こんなのもうシュートでいいじゃないっスか。
優柔不断にダメ出しをくらう主人公。
36分 成瀬の正面シュートはゴールを阻まれる。
37分 慎重に試すという言葉を知らないリズさん。主人公はずいぶんカワイイ顔だな。
39分 <Gooooal!>成瀬の1号。頭で落として、立ったまま正面、さらには後ろの連続攻撃で仕留める。
41分 エルトリンデの1トップと言っても過言じゃない。
42分 ハッピーなんだけど、何か釈然としないなあ。
43分 成瀬の対面シュートはゴールを阻まれる。
45分 <Lost!>リシェル終了。これはちょっと失敗したと思う。
前半終了 SD絵もちこたむが描いてるのかな?
後半開始 秋奈→エルトリンデ
1分 発作とか言ってるから後半重そう、やだなあ。
2分 この司令塔のメンタル面の弱さは異常。涼莉に失礼だよな。
4分 引き続きエルトリンデがポストを務めるっぽい。
主人公の魅力に突然棒山さんが陥落した。
良い事言ってるつもりなんだろうけど、お前らが来なければ事態が悪化することも無かったかもということを理解して喋ってるんだろうな?
8分 安請け合いして解決。
テレパシー実験。友人の武士が初めて活躍した。
10分 <Gooooal!>青山の1号。王道ともいえる正面シュート。
14分 青山のシュートは枠外。
17分 <Lost!>青山のシュートはゴールを阻まれる。そして、ちこたむのミスから失点。秋奈さん巨人です……。
18分 青山のシュートはゴールを阻まれる。怒涛のシュートラッシュだ。
20分 そして終わる。どんどん病……リア充爆発しろ。
21分 それにしてもアニメっぽい杖だ。
23分 倉田による水泳の実況。モノローグを入れるタイミングを間違えてると思う。
おお、ようやくメイドの水着姿が拝めた。
メイドが好みすぎる、容姿的に。
25分 もう何度目か分からないけど、長い。どうして地脈の力で何をしようとしているんだ!って聞けないのかな。
<Lost!>で、結局説明せずに儀式を始めると。これで言えない理由とやらが大したことじゃなかったらタダじゃあおきません。
26分 吹雪さんの株がどんどん上がっていく。
28分 <Lost!>しかし、使えない主人公だな。病人よりも自分のキスが大事か。
てめー頭がドッにぶいぜッッッ!とか言いたくなった。
29分 倉田の正面シュートはゴールを阻まれる。
30分 インターホンが鳴ったのは何だ?
33分 これからは協会お抱えの治療士として、セックスしまくりの人生か……。
34分 <Gooooal!>志田の1号は正面からのシュート。志田の力もあり決まったが、今日のちこたむはゴール前での集中を欠く感じ。
37分 ×「二人が大事だから」 ○「街と他人に被害が出るかも知れないから」
<Lost!>結局全部自分の勝手ってだけじゃあないですか。
38分 エルトリンデがデレ期に入った模様。
41分 くぱぁの両手は描いてほしい、ちこたむ。
<Gooooal!>倉田の1号はバックからさらに駅弁シュート。主人公の変態性がいかんなく発揮された良い攻撃だった。しかし興奮したのか監督の采配にはミスが目立つ結果に。殿はないだろう、殿は。
44分 倉田のシュートはゴールを阻まれる。座ったままのハーフボレー、二人の変態力がどんどんアップしていく。
45分 エルトリンデ終了。最後はパンチラで締めた。
試合終了 魔法使いのトラブルに巻き込まれる話。とにかく話が長いのと、魔法使いというのは厄介な人種らしいというのが正直な感想。選手層は厚いが、配置は微妙。前線よりも後ろの選手のほうが良い働きをしたと思う。リーグ初のフル出場となるちこたむだが、課題も見えてきた感じ。シュート数は平均よりちょっと多め。枚数は多く、時間も長い。人によっては攻撃に時間をかけ過ぎと思うかも。激しいシュートは一切なし。シナリオにさえ期待しなければ、ちこたむサポにはおすすめできる内容。
監督 長丁場にも関わらず、パスミスが少なかったことぐらいしか褒めることが無い。際立つものは皆無だが、決して試合を作れないわけではないと思う。監督に必要なのは話を短くまとめるスキル。これ夏休みの選択移動の部分なんか完全にいらないじゃないですか。担当は分からないが、魔法組のシナリオは失敗した感じ。モノローグの使い方も意味不明。

フラビオ越前の一言
「で、結局あいつらってなに人なの?」

■ 2010/03/26 Areas〜恋する乙女の3H〜 戦 ■
(ラピスラズリスタジアム)

Areas 恋する乙女の3H 通常版 --------------------------
   Areas3H vs Kowalski.
   6 − 6
   7         7
   1 − 1
--------------------------
amazon
得点 前半15分: 真宮 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半16分: 立花 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半29分: 立花 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半31分: 真宮 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半35分: 真宮 (Todays Goal=3/年間通算=3)
前半43分: 真宮 (Todays Goal=4/年間通算=4)
後半47分: 北都 (Todays Goal=1/年間通算=2)
交代 なし
MVP:真宮ゆず
監督:上遠乃きつぐ、八鹿純

御影悠也 すっかり平凡なプレーヤーになってしまっただけでなく、この試合ではゴール前での優柔不断さも露呈。試合後には批判が集中したがそれもまた已む無しといったところ。
北都南 新たなFWの軸として期待されたが、なかなか試合に入れず、やっと活躍しだしたのは後半の遅い時間になってから。シュート2本に抑えられたのは甚だ残念。久しぶりにセンターに入ったが、新鮮な気持ちで見られた。やはりまだまだいけると思う。
立花あや 一試合でのシュート数では過去最多ではなかろうか? 天性のものは持っていると思うので、これからもチャレンジしていって欲しい。
真宮ゆず 前回エースの代役という重責を背負っての登場だったが、想像以上の素晴らしいプレーを見せてくれた。確かにここが佐本だったら……と思うシーンもないわけではなかったが、シュートへの積極さは佐本にはない魅力だ。
小倉結衣 何かどんどん面白い人になってた。ゴールに絡めず残念、あの妄想シーンで全然良かったのに。
流石いちご ピッチにいただけという印象が強い。
如月葵 2試合を通じて一番化けたプレーヤーかもしれない。最初からは想像もできないくらい良キャラになってた。
青井美海 せっかく動けるようになったのに、殆ど見せ場の無いままに終わった。前の試合のほうが存在感があった……なんて申し訳なくてとても言えない。
手塚りょうこ またもシュートなし……orz
宮坂みゆ 成長途中なのか、プレースタイルが思った以上に変化していた。目の書き方が変わったのだろうか? ちょっと小さくなったか。あぶなっかしいプレーは格段に減ったが、あくまで個人的な好みとしては前の試合の方が勢いがあって良かったように思う。

試合経過
前半開始 このか→リィズ
4分 リィズの選手交代は思ったほど違和感ない、っていうかちゃんと佐本の演技を真似してる気が……真宮GJ。
6分 何気に立ち絵が直されてる、マイナーチェンジって好きなんだよね。ストU→ダッシュとか。
7分 旧キャラは元のままだな。
9分 早速打ってきた、が弱い。
11分 立花のシュートは枠外。しかし今回もパンツ的には期待できそうだ。
14分 唯の性格が変わった、先輩も。だが思ったよりも楽しい、いいぞ。
15分 <Gooooal!>真宮のシュート、攻撃の枚数、質ともに不足なし!
16分 <Gooooal!>負けじと立花も決める。これはワンサイドゲームになるか!?
18分 前の試合の終了直前のような雰囲気でゲームは進む。GKのプレースタイル的にはやっぱこっちのが適任って気がする。
19分 GK宮坂はちょっとプレーが変化したかな? 塗り方のせいでそう見えるのか?
20分 立花はガンガン打ってくるんだが、如何せん攻撃が単発で短い。
22分 まきいづみと手塚りょうこは今回ベンチ外なのかね?
23分 <Lost!>立花のシュートでバランスが崩れたところを狙われカウンター! これはGKやってしまったか。
24分 ぱったりとシュートが止んだ。
25分 やっと手塚が来た。Areas2、全然いけるんですけどw
26分 目の塗り方が変わったんだな。前のほうが良かったような気がするけど。
27分 <Lost!>このか破局、ワケ分からん? 何で!?
28分 <Lost!>このか復縁、無理矢理一悶着起こそうとしただけだろ、これ。
29分 <Gooooal!>立花が波状攻撃からゴール!!
30分 前作と同じエンディングなのはいいとしても、絵は新たに描き起こしてほしかった。
31分 <Gooooal!>真宮のシュート、弱いがコースはいい。これが決まってゴール!!
32分 展開は全く同じなので、ゴールシーンのダイジェストのようにゲームが進むぜ。
33分 相変わらずのロケットおっぱいなのは良い。リィズ胸あるよね?
35分 <Gooooal!>真宮ハット! 白スクきたぁーーーーーーーっ!!
36分 北都が完全にゲームから消えてる。
38分 <Lost!>モザイクは手抜き。
39分 やっぱり結構絵が変わってるなあ……。
40分 またこのパターンか! このかよりはまだ理由に納得出来るが。
41分 <Lost!>そして復縁、これどっちも競争相手に対して失礼だよね。周りにも迷惑かけてるし。
42分 <Gooooal!>ダメ押しの四点目! これぐらい枚数があればやはり決めてくる。
43分 <Lost!>ついに一枚絵すらなかった。もうちょっと力を入れてあげてよ。
前半終了 まきのベンチ外確定。
後半開始 瑞希
5分 まさにトンビにアブラゲ状態で後半がスタート。
7分 「シュミレーション」を取られたが、イエローは出ない模様。
10分 告白→玉砕。そりゃ、まあねえ。
11分 リィズの強引なドリブルが主人公を救う!
13分 リィズはええ娘や……(´д⊂)
17分 泥棒か……そういえばそんなものもあった。
19分 先輩がどんどんヘンな人になっていく。
20分 北都のセンターFW起用はオーナーのたっての希望だったらしい。
33分 ゴール前までは行くんだが、シュートが無い。そんな時間が続く。
37分 やっと来た、北都が正面からシュート! (攻撃の枚数を)5枚もかけたのに短っ!? 
38分 リィズはあんまりラフプレーばかりだと、イエロー貰いそう。
39分 <Lost!>終了間際に痛恨の失点! ゲームの行方がイヤな方向に傾くのか?
41分 北都、運動量が落ちた。このまま退場か?
42分 医者のプレーが棒、間違いなく素人。
45分 うわ、終わったよ!? ロスタイムないのか?
46分 良かった、ロスタイムあったよ〜。
47分 <Gooooal!>決まった! 同点!! 引き分けでゲーム終了!!
試合終了 二試合目にして早くもファン感謝マッチ。3トップへの変更を受けてシュート数こそ増えたものの、アタッカーの数は逆に減った。攻撃も枚数は多いのに時間がすごく短かったりとチグハグさが感じられる。シナリオは超展開がなくなったので、安定はあるものの退屈。中盤は前の試合を受けて進化。小倉、如月あたりはかなり自由にプレーしていた印象。GKのプレーもだいぶいじってきた。佐本→真宮の交代は佐本サポ以外には全く問題ないレベル。シュート2本なので、北都サポは注意。2トップにターゲットを絞った内容だが、ミドルプライスなのでチームのファンならまあ許せるという感じ。+2000円で前作が付いてくる初回版はGK目当てならコスパ良し。
監督 攻撃が全体的に短い。試合の展開を同じにしないこと、安易に退場者を出さなくても盛り上がるサッカーを考えてください。

フラビオ越前の一言

「Areas2〜片岡のぶこのめくるめく大人のセカイ〜でお願いします」


■ 2010/05/28 ぜったい遵守☆強制子作り許可証!! 戦 ■
(シール西新宿競技場)

ぜったい遵守☆強制子作り許可証!! 通常版 --------------------------
     許可証 vs Kowalski.
   6 − 1
   15         5
   9 − 4
--------------------------
amazon
得点 前半5分: 草柳 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半9分: 草柳 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半14分: 草柳 (Todays Goal=3/年間通算=3)
前半16分: 榊木 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半27分: 榊木 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半43分: 小倉 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半6分: 渋谷 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半8分: 渋谷 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半13分: ヒマリ (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半25分: 早乙女 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半27分: 早乙女 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半29分: 早乙女 (Todays Goal=3/年間通算=3)
後半36分: このは (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半38分: このは (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半43分: このは (Todays Goal=3/年間通算=3)
交代 後半0分: 2-G→二ノ膳、とらのすけ
MVP:早乙女碧
監督:ひらいでらく

伊吹拓海 このポジションに力を割かないのがシールなのだが、今回はちょっとひどかった。
チームメイトが悩んでいるのに、とりあえずシュートに持ち込む司令塔ってのはどうなのよ?
ここだけはJ2時代から何のレベルアップも感じられなかった。
草柳順子 ポジションが良かったとしか言いようがない。が、それも含めての実力か。
榊木春乃(芹園みや) 2トップの二人はもう完全にプレーが固まった感がある。
今回はボランチの位置まで下がってプレーすることがほとんどだったので、
あまり鈴々には聞こえなかった。
このは(藤森ゆき奈) 珍しく微妙な感じだった。どこでもこなせると思っていたがやはり苦手なものはあるらしい。
佐倉もも香(小倉結衣) 個人的に小倉はあまりサイド向きの選手じゃないと思う。
渋谷ひめ 「なんとかはー」と語尾をいちいち伸ばすのが気になった。
これはポジションではなく、基本的な技術力に問題があるような気がする。
神崎ちひろ ベテランでは唯一の無得点に終わる。
渋谷とかぶることが多かったとはいえ、この結果は問題アリだろう。
ヒマリ ずっとチームを支え続けた選手(良くも悪くもシールといえばヒマリの声のイメージがある)だけに、
この起用には若干の不満を覚える。
大ベテランが入ってきただけですぐにポジションを奪われるのは如何なものか。
とはいえヒマリも「いつもの」ヒマリだったのであまり強くは言えないところなのだが……。
早乙女碧(みわ梢子) 短い時間でハットトリックを達成したことを高く評価。
この試合、草柳とポジション入れ替えでも全然OKだった。
七生みこと 久しぶりに見た。無得点に終わったが、結構上手くなってるよーな?
独特のクセがあって印象に残りやすい選手だからもっと活躍しててもよさそうな気がする。
2−G 大事な試合のスタメンを任せられ、シールの顔として定着した感がある。
とても3試合目とは思えない高い技術と新人らしい勢いのあるプレーでチームを最後まで引っ張った。
二ノ膳 チームを支え続けたベテランGKは、抜群の安定感で勝利に貢献。
とらのすけ この試合がデビュー戦の新人。ここは本当に良いGKを見つけてくる。
GK王国として、F&C東京を完全に追い抜いたのではないだろうか。

試合経過
GRANDEE(最大級)というスローガンを打ちたて、ついにJ1に参入したシールの初戦。中出しを軸に動きのある攻撃を仕掛けるという戦い方はJ2時代と全く一緒。当然ゲームシナリオなんてものは無く、攻守その他は全て選手任せ。注目のスタメンは意外にも慎重でEリーグの大御所を多く前線で起用するサプライズ。しかしそのベテラン起用もフレッシュさを欠くだけで劇的な効果があったとはいえず、選手層の薄さを露呈する結果に。GKはこの試合も安定、2−Gの勢いと二ノ膳の経験が上手く噛み合いスーパーセーブを連発。新人のとらのすけも試合を壊すようなことはなかった。GK目的で見に行くならこの試合は完全にアリ。シュート数は非常に多く、枚数、時間ともに問題ない。タイトルにあるような強制感は全く無く、全員が楽しんでいる感じ。大勝の様に見える試合だが、実際には数字ほどの余裕はなく、個人的には引き分けでも全然おかしくない。失点の内訳は前半が「抜きゲのくせにたびたびディスクを要求されること」の1点で、後半が「ソフマップ特典によるハーレムルートの追加」、4シーンなので4失点とした。同じチケット代を払っているのに受け取れるゲーム内コンテンツに差があるのは、絶対にやってはならないことだと思う。この初戦でGKとアニメ、CGスタッフは完全にトップリーグで通用するということが証明された。チームが今後もただの勝利ではなく、優勝を狙いに行くのだとしたら司令塔と監督のテコ入れが急務なのは間違いない。
ひらいでらく 流石にJ1でこの内容の無さはないと思う。
あと、とりあえず「うーむむむ」でしか話を始められないのはヤメレ。
抜きゲだから、あの設定はいいとしても、女性(とその子供も)を軽視するような空気が感じられるのはちとヤバイ。フェミニストとかア○ネスとかに糾弾されたら言い逃れできないレベルだと思う。

フラビオ越前の一言
「リアルに考えると人類絶滅まっしぐらの世界」

■ 2010/07/02 エグゼクタースクリプト 戦 ■
(ルートツー広島△スタジアム)

エグゼクター・スクリプト --------------------------
       ES vs Kowalski.
   4 − 3
   5         5
   1 − 2
--------------------------
amazon
得点 前半27分: 青井 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半34分: 青井 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半38分: 青井 (Todays Goal=3/年間通算=3)
前半44分: 青井 (Todays Goal=4/年間通算=4)
後半9分: 青井 (Todays Goal=5/年間通算=5)
交代 なし
MVP:青井美海
監督:反事象桂林、島村ひろし

スラッシュナイト(稀羽疾人) 4.5 かっこつけだが、中二入ってる高校生と考えればリアル。若さに似合わずシュートはねちっこく、おっさんくさい。
青井美海 8.0 1トップの魅力爆発。元来セリエA(アニメ)でも十分に通用する萌えプレーの持ち主なので、こういういちゃいちゃ多めの試合では輝く。(えっちな)ピンチに力を発揮するタイプでもあるので、この起用は大成功だった。
愛媛みかん 6.0 欠かせない選手になりつつある。この試合でも派手さはないが堅実なプレー。欲を言えば一本決めておきたかった。
民安ともえ 6.0 新戦力としてスタメン定着を目指す。得意のサイドで暴れまくるもノーゴールに終わる。
幸代彩里(松永雪希) 6.0 安心感あるプレー。ベテランらしくゲームの組み立てで試合に貢献。
夕暮ぱいろ 7.0 クラインハーゼ戦からプレーが変化した。まだスタイルが安定しないのか、プレーもやや荒かった気がする。
斎藤なつき 6.5 こちらは良くも悪くも変わらず。徐々に出場時間が減りつつある。

試合経過
エグゼクターという名の魔法少女と戦う話。バトルとパンティのいつもの内容だが、カードゲーム方式のバトルははっきり言ってつまらない。序盤は手札が悪いとあっさりと詰むことも。後述するシステムの重さもあって、かなりの苦痛を感じる。一度クリアすると飛ばせるようになるのが救いか。ストーリーは善悪に思った以上に広がる。ピッチの状態は一試合ごとに進化しているのだが、それでも2010年とは思えないくらい他チームに比べると悪い。シュートは多く、枚数普通で時間は長い。内容はソフトとハードが半々ぐらい。選手は青井美海の1トップが抜群の存在感、試合のほとんどの時間を司令塔と二人だけで崩す。GKに関して斎藤はいつもの斎藤だが、夕暮は前の試合(クラインハーゼ)に比べるとだいぶ調子を落とした。キャラとストーリーは悪くないし、バトルもゴール前での盛り上げには一役買っている。システムさえ良ければ好ゲームくらいにはなったはずなので、非常に惜しい試合だった。
監督 5.5 とにかくシステムを何とかならんか。

フラビオ越前の一言
「光に踊り、騎士の誇りに連なりしエグゼクター スラッシュナイト!
悪いが、手加減出来ねーぜ?」

■ 2010/08/27 邪!!ぱんでみっく 戦 ■
(クレマルテルスタジアム)

邪(よこしま)!! ぱんでみっく --------------------------
    しまぱん vs Kowalski.
   3 − 5
   6         7
   3 − 2
--------------------------
amazon
得点 前半21分: 氷川 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半30分: 柚月 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半43分: 有坂 (Todays Goal=1/年間通算=4)
後半11分: 雪都 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半33分: 芹園 (Todays Goal=1/年間通算=3)
後半40分: 雪都 (Todays Goal=2/年間通算=2)
交代 前半20分: 和鳥→氷川
後半0分: 青葉→雪都
後半40分: 柚月→くわがた
MVP:雪都さお梨
監督:yurie、古波多れい

神山零 特技はオバケに触れること、シュートは必ず2発、
好物はGスポット、口癖はフッ。
以上、ダメダメ司令塔でした。
芹園みや 飽きた何だと言われながらも、きっちりと1得点。
一気呵成というか、芹園はシュート体制に入ると一切休まないから
これだけ長くFWでいられるのかな?と思った。
有坂羽由(遠野そよぎ) 遠野はプレーのテンプレ化が深刻だ。
ゴールは挙げるものの、いまひとつキレがなかった。
桜川未央 ポジションも悪かったが、桜川自身も精彩を欠いた。
チーム最多となる5本のシュートを放つが、得点に結び付けられず。
青葉りんご サイドの青葉で特筆すべき点はなし。
ここ最近の青葉のプレーは完全に相手に読まれている感がある。
柚月あいら 恐らく新人だと思うが、結構頑張っていた。
FWとしてこれから伸びそうなタイプ。
和鳥みどり(春乃息吹) 今回は前線からポジションを奪われる結果に。
レギュラー定着を目指すためにも、ここは取り戻したいところだったが、
残念ながら効果的な動きは出来なかった。
氷川めぐみ レギュラー陣を押しのけて先制点を挙げたことは評価できる。
これが2試合目の有望新人とのことだが、もう少し長くプレーを見ていたかった。
くわがたみほ(彩世ゆう) 得点を狙って終盤に投入されるものの、結果を出せず。
雪都さお梨 何となくだが、夏野と佐本を足した感じ……って、これ最強じゃね?
日本代表のチェックリストに入れたい選手。
この試合のMVPだが、欲を言えば3点目も決めて欲しかった。
相葉茉美 新人のようだが、落ち着いたプレーが目立った。
攻守どちらにもいけそうな感じ。ちょっと石橋朋子に似ているか。
緑川光 ダジャレ、以上。
三宅淳一 童貞、以上。
雪月竹馬 なかなかのデキ。ツリ目が可愛く描けるのは貴重。
ややフィジカルに強い傾向があり、奇乳とまではいかないものの、
バランスが怪しいことも度々。ケツに並々ならぬこだわりを感じる。
萌えエロのGKとして、今後の注目株。

試合経過
前半開始 花子→シスター→悠子
1分 名前が変えられるゲームは久しぶり。
3分 おっとりさんは遠野だな、新しい名義なのか分からんかった。
5分 開始5分で分かるテンポの悪さ。
10分 4時間ほどかかってやっとオープニング。キャラが盆踊りみたいなダンスするのは流行ってるのか。
11分 花子さんの人は誰だろうね? 聞いたことがない感じだ。
13分 学校のオバケってレベルじゃねえぞ!
15分 初シュートは和鳥。
16分 <Lost!>奇天烈な人体模型のデザインはいいとして、だるまさんがころんだとかは正直誰得なの?
19分 なんかすげえ淡々と問題を解決して行くよ……。
21分 <Gooooal!>ノーマークだった氷川のシュートが決まって先制! ゴール前だと主人公の性格変わるな。
23分 <Lost!>何かラスボス(?)まで来たらしい。盛り上がんねー試合。
25分 花子さんルートのようです。
30分 <Gooooal!>花子さん終了、最後の方はすげーシュートラッシュだった。ペース配分がヘタなチームだな。
32分 しまパンって二次元ならではアイテムって気がする。
35分 汝、姦淫することなかれってのはそういう意味じゃないと思うんだ……。
37分 <Lost!>「フッ」がいいかげんムカついてきた、GKのナイスプレーで何とかゲームになってる。
38分 <Lost!>脱、シスター宣言。空気のように軽い話。
39分 個別ルートは無いに等しいぐらい短い。シュートを打つキャラが変わるだけって感じだ。
40分 悠子行ってみよう、こいつは謎があるみたいだから少しは何か(展開らしきものが)あるんじゃないか。
41分 <Lost!>オバケには本当に強気だな、この主人公。
42分 スイムパンティ! そういうのもあるのか。
43分 <Gooooal!>有坂のヘッドで3点目。強いシュートじゃないんだけど、決めてくる。
44分 歌が流れるぞ! 実は裏ヒロインなのかな?
前半終了 何か矛盾点とかそーいうの、どうでもよくなってきた。
後半開始 先輩→ツンデレ→ハーレム
3分 後半から入った雪都が良い。
6分 声のバランスが取れてないな、どのキャラも叫ぶと耳が痛い。
11分 <Gooooal!>3人がゴールに迫る!……決めたのは雪都だーーーーー!!
14分 先輩の方が淫魔みたいです……と思ったら取り憑かれてるっぽい?
16分 これは残念乳首。
18分 <Lost!>おい、はるとに慎、おまえら劣等種だってよ!
20分 芹園の声が全て鈴々に聞こえる呪い。
16分 錫杖といえば、薬師十二神将の必殺技がカッコ良かったことを思い出した。人数が減ったから最後には効かなくなるんだよね。
33分 <Gooooal!>芹園はやっぱり決めてくるなあ。良い尻。
40分 <Gooooal!>本日二点目! 雪都さお梨、これからはチェックだな。
41分 ベテランくわがたを投入してパワープレイ! 何とか同点に出来るか!?
42分 ただヤッてるだけだと、主人公にもあんまムカつかないな。
43分 妙齢の女性のしまパンはちょっと……。
44分 <Lost!>最後まで話はダメだった。あまりにもチープなこの失点でこの試合終わったかも。
45分 ほぼ全員が上がってのラストプレーだが、決められず! あれ、赤マントとピアノ子は?
試合終了 オカルト研究部に入った主人公が、様々な学校霊たちの悩みを(主に下半身で)解決していくゲーム。
ついでに彼女も出来て言うことなし。
パスミスは少ないが、シナリオはかなりダメ。共通ルートが長いおかげで、二周目以降がラクなことぐらいが救い。
シュートは多く、攻撃の枚数も十分、全キャラ一度は縞パン着用がウリ。
相手チームによっては、勝点3も十分にありえると思う。
選手はベテラン、中堅、新人ときれいに揃っている。雪都さお梨と柚月あいらが特に強く印象に残った。
GKは萌えとエロのバランスが良い。GK及び選手の強烈なファンなら。購入も可。
間違ってもフルプライスのチケットを握りしめて気合を入れてはいけない、シュート練習だと割り切って。
監督 ゴールを量産して試合を逃げ切ろうと考えたのだろうが、それは抜きゲの戦術だ。
あれだけ中盤にシナリオも何もなければ、勝ち切ることは難しいと分かって欲しい。
中途半端な萌えエロはいらない。あと、司令塔の人選はもっと慎重に行うべきだ。

フラビオ越前の一言
「フッ」

■ 2010/09/24 さくらビットマップ戦 ■
(HOOK秋葉原スタジアム)

さくらビットマップ Premium Edition --------------------------
   さくらBMP vs Kowalski.
   6 − 2
   12         10
   6 − 8
--------------------------
amazon
得点 前半12分: 松田 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半15分: 松田 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半27分: 松永 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半29分: 松永 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半42分: 青葉 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半44分: 青葉 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半22分: 篠原 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半23分: 篠原 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半39分: みる (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半43分: みる (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半49分: (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半52分: 新堂 (Todays Goal=1/年間通算=1)
交代 後半0分: 松下まかこ→鈴平ひろ、桜はんぺん
後半0分: 広末涼→神月あおい
後半25分: 篠原ゆみ→立花あおい
後半25分: 平野響子→木ノ下やや
後半45分: みる→新堂真弓
MVP:桜はんぺん
監督:川波無人、モーリー、雪仁

桧山史隆 判断が速く、人にガツガツ行くタイプなのは最近珍しいが、結局はピッチの王様。
その言葉は絶対で、逆らうものがいないあたりはやはりイマドキの司令塔だと思った。
あまり動かないくせにおいしいところだけ持っていくのは流石主人公だ。
松田理沙 ぽんこつ幼なじみの1トップという、最も得意な形での起用に2得点という結果で答えた。
松田ならではの独特なプレー感覚は、やはりハマると非常に強い。
松永雪希 最初はポジションがミスマッチではないかと思ったが、ゲームが始まったら気にならなくなった。
ベテランらしくツボを抑えたそつのないプレーを見せた。
青葉りんご いつも通りのプレーだったが、この試合では上手く機能した。
ツンとデレのバランスが良く、シュートも上手い。座敷童ネタも面白い。
篠原ゆみ(水瀬沙季) 大人しい佇まいのDFは天職ともいえるが、ゴール前では一転して体を張った強いプレーを見せる選手。シュートに力が入りすぎで、久々にゴール前でボリュームを下げた。
このあたりが今後の課題だろう。
みる プレーは普段通りで萌えも良かったので、ハットトリックも時間の問題かと思っていたが、
後半のシナリオの展開がどうにも気に入らなかった。
禁欲的な生活を自分に課してきた反動か、ゴール前では欲望に流される姿がよく見られた。
広末涼 つぶれ役としてひたすら頑張った。男女で内容は全く変わらないし(スキップも既読として飛ばされる)、コンフィグで(何故かおまけ画面にある)いつでも変更が可能なので、初めから神月でも構わないだろう。ただ広末も頑張っており、おっぱいの歌(小春ルートで聴ける)は男のほうが絶対にアホくさいので、そこだけは戻したい。
神月あおい
東かりん 中盤の底で精力的に動き回り、試合に貢献。本来もっと前で使う予定であったようだ。
東といえばDFのイメージがあったが、何だFW全然イケるじゃないっスか。
桃井穂美(上戸琉) 試合のアクセントになる素晴らしいプレーを随所で披露。
活躍の時間を自ら増やし、最後はFWの位置まで上がる姿も。
平野響子 出場時間の割には報われなかった選手。
活躍するには色々と足りなかった。
立花あおい 短い時間ながら、強い印象をそれぞれに残した。
立花と木ノ下の息のあったコンビに、八面六臂の活躍を見せた、まきいづみの変幻自在のプレー。
金田は宮司と生徒D(茶店の店員)の両方で質の高いプレーを見せた。
木ノ下やや
金田まひる
まきいづみ
新堂真弓 終了直前に投入され、いきなりのPKチャンスを得る。
これを落ち着いて大胆に蹴り込み、記念試合に最後の花を飾った。
松下まかこ ななさ……『なないろ』地獄をくぐり抜けて来た者としては、HOOK10周年ということに深い感慨を覚えずにはいられない。とくべつ技術が高いわけでもない松下が、これだけ長くHOOKの看板選手を努めてこられたのは、やはり彼女が誰からも愛される存在だったからだろう。彼女のプレーには昔から独特な華があり、それはこの試合でも損なわれていない。そして、地道な努力は技術の向上を生んだ。小春は現在の彼女の集大成、困ったことに宗次郎ちゃんも彼女の集大成。そして相変わらず真正面が苦手、これはまだまだリーグで頑張ってもらわないと! せめて宗次郎ファンディスクが出るまでは!
鈴平ひろ らっこの代わりになる大物GKという点ではその任を果たしたと言えるが、
HOOKCGスタッフとの連携は今ひとつか。
線もやや荒れぎみで100%の実力を発揮したとは言い難い。
桜はんぺん 技術が足りてないが、攻撃的なところは非常に良かった。
他のGKには見られないダイナミックな構図なんかは、今後彼女の武器になるはず。
隙さえあればパンチラを狙う姿勢は、多くのGKに参考にしてほしい。

試合経過
前半開始 小春→璃子→ゆのか
3分 小春さんが大美人だ。松永はJ1で久しぶりに見た気がする。
性転換パッチは当ててない、一周したら適用予定。
男には欠片も興味がない自分だが、この顔グラのやばい友人は『屍鬼』に出てる俺たちのMASAOじゃね?
5分 松田のシュートはゴールを阻まれる。幸先の良いパンツ。
7分 青葉いつも通りだが、はまってて悪くない。
友人頑張ってるなあ、この一生懸命さは見習うべき。しかしスレで誰も言及していないところを見ると、こいつは俺たちのMASAOじゃないのか?
特に面白くもないので、さくさく進むのはありがたい。
10分 松田のシュートは枠外。乳がいまひとつ。
12分 <Gooooal!>松田の1号。これはもう胸で落とした時点で決まり。
13分 主人公モテモテだな。前線の3人はすでに無条件降伏状態。
松田のシュートはゴールを阻まれる。痛めた腰をすぐ使う主人公にイエローカード。
15分 <Gooooal!>松田の2号。フォーマルに決めた。白いブラが目に眩しい。
17分 きちんと実習してる宗次郎と幸村はエライと思う。
20分 <Lost!>小春終了。王道的なシナリオなのに、何か盛り上がらなかったなあ……。
21分 松永が二回繰り返すのがなかなか可愛い。
同居しながらご飯は別……田舎町にも核家族化の波は来ているのか。食事が合わない、時間が合わないとかリアルに考え始めると怖いゲームだ。
<Lost!>ありゃ、ゲームオーバーがあるのか。
25分 あっさりと倫理の垣根を乗り越える主人公。若さって何だ、振り返らないことさ。
「家族になりたかったんだよ」、意表をつく松田の鋭いフリーキック。
26分 松永のシュートは枠外。正面からだったが、外れた。
27分 <Gooooal!>松永の1号。ヘディングで上から。
29分 <Gooooal!>松永の2号。最初の体勢が変だったので難しいと思ったが、ここは決めてきた。
31分 松永のシュートはゴールを阻まれる。こちらは逆に入りは良かったんだが。
33分 妹終了、これまたフツー。しかし弓道関係者には許せないシナリオらしい。
35分 今日のりんごは良いサイド。
パンチラ天国、はんぺんナイスプレー。
38分 青葉のシュートはゴールを阻まれる。主人公がデカイのか、ゆのかが小さすぎるのか。
39分 青葉のシュートはゴールを阻まれる。胸とか脚とか色々残念。しかしチャレンジは良かった。
42分 <Gooooal!>青葉の1号。これは色形ともに文句なし、しかし全然ちんまくないぞ。
44分 <Gooooal!>青葉の2号。青葉のテクが冴える。連続攻撃で最後は息も絶え絶えだった。
45分 ゆのか終了。最後までパンチラ、その意気や良し。あれ? でも風呂Hは?
前半終了 さくらビットマップってどういう意味なんだぜ。
後半開始 千鳥→鼎→エクストラ
2分 宗次郎子ちゃんカワイすぎ、ワロタ。
しかし本当に見た目と声が変わるだけなのな、思ったほど楽しくない。
<Lost!>パスミス多いなあ、危ないのもちらほら。
3分 こういう大和撫子タイプと篠原の相性は抜群。
5分 坂崎さんが非常に効いている。キャラデザはらっこっぽい。
7分 <Lost!>主人公が邪魔、部外者がピッチに乱入してどうすんだよ。
10分 <Lost!>いきなり呼び捨て、この主人公は本当に悩まないな!
12分 篠原のシュートはゴールを阻まれる。お嬢様声が大きいですぞ。
15分 娘が欲しくば、ワシを倒して……もうこういうのは正直飽きた。
18分 篠原のシュートはゴールを阻まれる。良い乳だったが……篠原の攻撃は一本調子なんだよな。
22分 <Gooooal!>篠原の1号。篠原のいじめてオーラが半端ない。
23分 <Gooooal!>篠原の2号。桧山の長ーいアレをヘッドで落として連続攻撃。
25分 千鳥終了。病人ネタはギリギリ、そしてお嬢様はエロすぎ。
26分 鼎の立ち絵に違和感。首の座りが何かヘン。
27分 <Lost!>このルートの史隆はちょっとやな奴だ。
30分 ディスコミュニケーション状態に陥った……と思いきや、どうやら本当にそういう話らしい。
34分 いきなり呼び捨てなのは少し気になる。これは主人公もだが。
このシナリオは宮司が坂崎ポジションなのか。
今度は初対面をアダ名呼び……うーむ。
35分 <Lost!>さすが主人公、(他人の)家庭の問題だってサクサク解決だ。
37分 みるのシュートは枠外。
39分 <Gooooal!>みるの1号。ヘディングを外す選手ではない。
41分 みるのシュートはゴールを阻まれる。恋咲き乙女ってこんなにエロエロでいいのか?
42分 <Lost!>結構失礼な主人公だよな。宗次郎と幸村はお前より全然動けてると思うんだが。
43分 <Gooooal!>みるの2号。ステッチじゃなくてクロッチじゃないかな。
44分 <Lost!>これは引く。ライターはビースティーボーイズの"サボタージュ"でも聞けばいいと思うよ。
45分 <Lost!>そして双方にお咎めなし。重機とか大問題だろ。おいしいものは最後にのつもりで取っといたんだが、このシナリオは失敗だったな。
46分 期待のEX.ルートに突入。
47分 ○○のシュートはゴールを阻まれる。絵にあと一押しが欲しかった。
48分 EX.1終了。エンディングの絵は良かった。篠宮にも出てきて欲しかったなあ。
49分 <Gooooal!>東の1号。立った状態から最後は体を横に投げ出すようにして決めた。黒ストを脱がさないGKもイイ!
50分 EX.2終了。これは真面目に中盤の入れ替えを考えてもいい。ラストのパンチラはGKはんぺんこの試合一番の出来じゃないか?
51分 やべぇ、ジャンケンむずい。LVはラスボスまでに9ぐらいはないと詰むことも。
52分 <Gooooal!>新堂の1号。まさかのPKチャンスに後ろからのゴール成る。
53分 いつもの隠しコマンドは2つ。「KOISAKI」と「LOVEQUEEN」
試合終了 HOOK10周年の記念試合、田舎を舞台にした学園モノ。Mリーグへの移籍を希望して退団したらっこの代わりはベテランの鈴平と新人の桜が埋める。平板な試合で特に盛り上がりもないが、眠くなるという程でもない。中盤のテンポがまあまあで、試合の展開も早い為、眠くなる前に終わるというのが正しいところ。パスが横に回るのは良いが、パスミスの多さは非常に気になった。シュートは多く、チャンスさえあれば多少強引でも打ってくる。枚数は平均的で時間はちょうど良い感じ。強いシュートは無いが、攻撃に関しては機能したと言えるだろう。選手はベンチも含めて全員が良い仕事。ベテランGK二人は流石で、新人の桜はんぺんはエロくて新鮮。この選手は伸びる。結局のところは萌えに特化したゲームなので、それを期待する向きにはほとんどの人に満足してもらえるだろう。現在のeリーグのスタンダードなゲームとして、長く初心者へのおすすめリストに残りそうだ。初回特典の性転換パッチがないとすごく損した気分になるので、チームにはおかえしハガキ程度での再公開にぜひ踏み切ってほしい。
監督 全てのシナリオが定番の域を出ないが、あえて順位をつけるとすれば、ゆのかがトップで鼎がワースト、あとは似たり寄ったり。小春の終盤なんかは監督によっては化けたはず。個別ルートに入ってからのバッドエンドははっきり言っていらないし、宗次郎女性化はさすがにもう少しやってもらわないと。流れの中からシュートまで持って行く過程はどのキャラも良かった。監督全員に言えることだが、とにかくあっさりしている。横にパスを回せる貴重なチームなのに、いつもあとちょっとが足りない。それは10年が経っても変わらなかった。この試合もとにかく「負けない」ように戦っていた印象が強い。たかが10年、されど10年。栄枯盛衰の激しいeリーグで10年を戦い抜く実力がある。そろそろ優勝を狙っても良い頃だ。

フラビオ越前の一言
「爺ちゃん婆ちゃんと
メシ食ってやれよ」


■ 2010/10/15 星空へ架かる橋 戦 ■
(Feng市川スタジアム)

星空へ架かる橋 --------------------------
     へかる vs Kowalski.
   7 − 9
   14         11
   7 − 2
--------------------------
amazon
得点 前半10分: 日々野 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半12分: 日々野 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半13分: 日々野 (Todays Goal=3/年間通算=3)
前半26分: 森谷 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半36分: 桃井 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半39分: 桃井 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半42分: 桃井 (Todays Goal=3/年間通算=3)
後半7分: 鈴木 (Todays Goal=1/年間通算=2)
後半20分: 青葉 (Todays Goal=1/年間通算=3)
後半36分: いすず (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半37分: いすず (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半39分: いすず (Todays Goal=3/年間通算=3)
後半43分: いすず (Todays Goal=4/年間通算=4)
後半45+4分: 日々野 (Todays Goal=4/年間通算=4)
交代 前半5分: →水沢光、YOCCHAN
前半41分: →加賀ヒカル
後半15分: 涼香→鶴崎貴大
後半25分: 鶴崎貴大→なちゅらるとん
後半45+1分: →柚木かなめ
MVP:いすずあすか
監督:柊☆たくみ、あくまっこ

星野一馬 7.0 ザ・無難。顔は清潔感のあるイケメンで大変良い。
日々野萌 8.5 オフ・ザ・ボールの可愛さは流石。シュートは意外にも思い切りが良く、これからに期待できる。
青葉りんご 6.5 ポジションがなあ……必要な位置なんだろうけど、もう少しキャラを練って欲しかった気がする。青葉はツンデレのギャップを出そうとするあまり、ゴール前がやけにわざとらしいプレーだった。
桃井いちご 9.0 ただの賑やかしかと思いきや、予想以上の良サイドだった。結構色々なところに顔を出し、ポスト役も出来る。シュートも最多の5本と文句無し。
いすずあすか(車の人) 10 得意の位置でプレー、リーグにも慣れたのかシュートにも積極的だった。そのシュートだが、「あ」の音を綺麗に大きく出すので、遠慮がなくて何かエロい、もっとやれ。
森谷実園 6.5 シュートに持ち込むまでが速いという以外、目立った活躍は無し。そもそもこの位置に人が必要だったのかという疑問は残る。森園はゴール前よりも通常のプレーに課題を残す感じ。
鈴木らん(石橋朋子) 6.0 いつもの鈴木、ゴール前でのプレーは相変わらず。
卯衣 5.5 プレーは確かに可愛い、しかし技術という点はまだまだ。色んな意味で普段からあぶなっかしい。
羽多野渉 6.0 つぶれ役をひたすら頑張った。でもそのタンクトップの色と柄はどうかと思う。
杏子御津 5.5 プレーよりも役回りに疑問。ヘタすれば失点しかねない危険な場面が多々あり、事実1失点の起点になっている。何事もやり過ぎは厳禁ということ。卯衣との距離は近く、競争相手もいないので割とおいしい位置ではある。
柚木かなめ 6.0 安定したプレー。しかし攻撃参加がないのは寂しい。
夏村伊介 7.5 西の声優、かなりの良キャラ。大吾と親友ポジションを入れ替えでも良かったかも。この名前は覚えておこう。
屑星宇宙男 5.5 東海林の声優。こっちは別に覚えなくてもいいです。
水沢光 - 全員友情出演レベル。棒山さんはゴール前でこそ語るべき選手だし、よっちゃんはいすずへロングパスがナイスアシストだった。加賀は悪くないけど、登場が遅すぎた。出てきて、歌って、はいさようならって感じ。
YOCCHAN
加賀ヒカル
有河サトル 5.0 上から順に女モブ、親父、SD担当。有河は女将OK、三女微妙。ぞうあざらしはきちんと描けてるけど世界観と合ってない、そのまんまは似てる。澤野はGKの負担を減らすスイーパー役だが機能せず、といったところ。
ぞうあざらし 6.0
澤野明 2.0
涼香 9.0 チームの大黒柱と呼ぶに相応しい活躍。キョトンとした表情の可愛さなどは間違いなくリーグNo.1。しかし(表情の)大きな動きにやや弱く、崩される場面も。近年チームでは極めてオーソドックスなプレーを要求されることが多いが、本人は変態紳士(失礼!)なので、アディショナルタイムにあったようなプレーにも果敢にチャレンジしていってもらいたいところ。上記も含め、そろそろもっとしっかりしたチームに移る時期が来ていると感じる。あ、でもパジャマこよりと夏ワンピ&水着円佳のエロ追加だけはよろしくお願い申し上げます。
なちゅらるとん 5.5 前回より調子を落とした。眉をひそめると目がグレイっぽくなるのが苦手。他のGKが成長した今、さらなる奮起が求められる。
鶴崎貴大 7.5 トータルの安定感を欠く、斜めが好きなのはなんでなんだぜ。ただ良いプレーも多かった。ハイボールの処理よりローの方が得意そうに感じる。

試合経過
前半開始 初→酒井センパイ→こより
0分 <Lost!>あまりにも待たされた為、始まる前にペナルティが課せられた。
1分 いきなりバイノーラル、だがQサウンドですでに一度通った道だぜ……ストIIの一番最初に出た画集にCDが付いててさ、あれは衝撃だった……。竜巻旋風脚が左から右へ移動するんだぜ。
女将登場、若っ。呼び方はねえさんなのか、てっきり字面からあねさんだと思ってた。
初めての土地(ではなかったが)で近道をしようとする主人公は強者。ジョセフじじいならゲップが出るくらい確実なところ。
ジャンプから地上でのキスにつなぐコンボ。ファーストアタックでお天気娘があっさりと陥落する。そしてちびりんごと険悪に。
珍しい4:3の高解像度。L997で見るとハイビジョンみたいな密度でステキ。
3分 初登校、仲の良すぎる兄弟。それを見てバスト仲居がいつの間にか陥落していた。
南国原先生登場、旬を逃した感じは否めない。ちなみにアニメだと女。
涼香+車の人はプライスレス。いきなり陥落してる巫女は何か曰くありげ。
休日、兄貴の弟ラヴっぷりに、ちびりんごが陥落しかける、でもゲーセン>弟。あと弟くん結構棒ですね……。
似てない三姉妹。猫を助けて、いさましいちびが陥落する。
<Lost!>噂のせいで弟がイジメられてるとか、お前が言うなって感じDA-YO-NE。
<Lost!>体育祭。あ、ありのまま(ry 俺は初を抜いたと思ったら何時の間にか負けていた。ついでにデカイ人も何か陥落。
勉強会。試験前日に泊まりでやるのはチャレンジャーだと思う……。髪を下ろしたこよりが美人さんで嬉しい不意打ち。
弟が正ヒロインみたいだよ? しかし選択肢多いな……。
5分 久しぶりの棒山さん。よっちゃん初登場。
湊は涼香最高のプレーのひとつなので、この解像度でもう一度しっかり見たい気はする。
<Lost!>起動のたびに結構な確率でフルスクリーンが解除される。バイノーラルの時にBGMが消えるのは仕様だよね?
妹は陥落せず! サービス回は終了。
7分 弓道大会。全国で準優勝って凄いんじゃあ……、王道の展開でついにりんごが陥落する。
みんなで海へ。主人公にはやっぱ天然ジゴロの才能がある。ここでラストパスの選択が出来る模様。
9分 夏祭り。フリルやリボンがついてる帯はちょっと……。
蝉の声と川のせせらぎのSEが入るとさらにこのゲームは良くなると思うが。
<Lost!>痛恨のペーパーノイズ2回、重要なシーンでこれはやっちゃいけないミス。
重い空気。ズルズルいくかと思っていたらあっさり解決してくれた、良かった。
しかし長い。こちらの守りにも限界ってものが。
10分 初デート、初シュート。やっと……やっと来てくれた!
<Gooooal!>日々野の1号。正面から思い切り良く振り抜いた、これは思わぬ誤算。
11分 涼香絵の主人公は爽やかイケメン。いかにも好青年という感じで好感が持てる。
そろそろ重たくなってくる時間帯か。
12分 <Gooooal!>日々野の2号はPK。途中で手を出さず、よく最後まで我慢したぞ、主人公。
13分 80年代のドラマみたいな展開で解決。日々野は結構声出るな。そして円佳ちゃん……・゚・(つД`)・゚・
<Gooooal!>日々野の3号。この角度から見たシュートってのはなかなか無いね、涼香ナイス。
14分 日々野のシュートはゴールを阻まれる。単発のヘディングで後が続かず。
15分 初終了。何つーかフツー、兄好き設定とは何だったのか。
20分 「次の選択肢まで進む」のおかげでボールがポンポンと前に運ばれていくが、これ既読判定とかしっかりしてるんだろーな?
ヒコナンレースは順位が変わる、(選択肢の)組み合わせ次第では優勝できんのかな?
デカイ人はパン一枚でサンドイッチを作る剛の者。しかし何でいきなり主人公に惚れてるんだろう……。
<Lost!>結論、「次の選択肢まで進む」は未読部分も関係なく飛ばす。デカイ人と何やら窮地に陥ってる場面で確信した。しかしつまんないからまあいいやってなってる自分もいるぜ。
ガンコ親父登場、この手のにはセットの良く出来た奥さんが出ないから、理不尽なバカ親父に見える。
<Lost!>あれ? オレはキスしてないんだが……。
21分 森谷のシュートはゴールを阻まれる。これは森園の個人技を褒めるべきか。しかし乳首がピンクいな。
22分 デカイ人は付き合うと結構可愛い。デートの森谷はプレーが微妙。
23分 森谷の正面シュートは枠外。GKがやや安定を欠く。
25分 カップルの危機。状況が不利すぎる中、突然のカミングアウト。
26分 <Gooooal!>森谷の1号は後ろから。ゴール前は上手い。
28分 森谷のシュートはゴールを阻まれる。左足シュートの絵は良かった。
30分 センパイ終了。話は無難、キャラは割と良かった。ED(OPも)ムービーの画質が荒いのは残念。
35分 こよりの元気いっぱいのポーズはいいな。
円佳ちゃんは何でこよりを名前で呼ばないんだろう? 友達なのに。
髪を下ろしたこよりは美人。大事なことなので二回言いました。
<Lost!>オレは源じいとは初対面じゃないぞ?
やられた、涼香のスーパープレーと桃井の緩急の使い分けに完全にやられた。CGのミスはあったが、それを吹き飛ばすくらい凄い変化だった。
36分 <Gooooal!>桃井の1号。初ゴールの興奮にイエローを貰う。
36分 <Lost!>これ主人公視点でやり直す必要なくね?
37分 桃井のシュートはゴールを阻まれる。こよりはパンツが見えない……。
38分 ドラクラ公みたいな町長。男モブはぞうあざらし。11eyesの漫画はあのアニメで一番面白かったところだが、流石にリアルすぎてこのゲームでは違和感ありまくり。
39分 <Gooooal!>桃井の2号、悪戯は大好きです。しかしここはせめて(枚数を)2枚用意するところでは?監督の意図と合ってないよ。
40分 桃井のシュートは枠外。桃井のヘディングは勢いはあるんだが、あんまり上手くない気がする。
41分 ここに来て新キャラ。ちょっと出来過ぎな展開だなあ。本編で何故か聞けない町長の歌が割と良いROCK。
42分 <Gooooal!>桃井の3号は正面から、寒そう。髪を下ろしたこよりとプレーできないか。
44分 こより終了。山場を過ぎてからが結構長かった。が、こよりが可愛いので問題なし。
45分 初の差分を回収してたら歩エンドになった、バッドエンド扱いなのか歩キュン。
前半終了 誰のデザインか知らないがマスコットキャラ(名前は多分ぽれぽれ)が気持ち悪い。他の子達は我慢できるの?
後半開始 つむぎ→伊吹→マドカちゃん
5分 身体のラインが出すぎとはいえ、着物はおっぱいさんが一番落ち着く。
三姉妹とお出かけ。逆に私服はフリフリであんまり似合ってない気がするなあ。
人の手紙を読むな、こより。サイドストーリーでお尻ぺんぺんは必要だった。いや、ほら規範を示す的に。
7分 <Gooooal!>鈴木の1号。鈴木の人のゴール前は相変わらずだが、鶴崎GJ。
9分 <Lost!>楽しいデートは時間の過ぎるのが速い。何かいきなり夕方になった。
10分 鈴木のシュートはゴールを阻まれる。ポスト(枠)に防がれた、何故その場所に……。
12分 鈴木のシュートは枠外。次の選択肢まで〜を選んだら落ちた。
14分 鈴木のシュートはゴールを阻まれる。事後に着物に着替える必要あるのか? パジャマあるだろ?
15分 つむぎ終了。何つーか、試合の終わらせ方を失敗してるゲームだなあ。
17分 ポジション的には良い位置をキープしているもののいまひとつな感じの伊吹。鈴が鳴ったらうるさそーだなあとかしか思いつかない。
デートしてコクる、盛り上がらん。
18分 青葉のシュートはゴールを阻まれる、パンツにモザイクとは何事だ。しかし個人技だけでここまで持っていくとは、りんご恐るべし。
19分 西は良い奴、逆にかさねはこれ以上やるとウザくなりそうだ。
20分 <Gooooal!>青葉の1号。デレすぎだろう、伊吹。だがそれがいい。
25分 言うのをずっと忘れてたが、女将は美人だ。
仕置人が好きとか、こよりとは話が合いそうだ。
まさかの弟との連携ミス、せっかくパンツ見せてくれるチャンスだったのに……。
<Lost!>ボイス関連のミスが多すぎ、これは失点も仕方ない。
精神的に脆いくせに(いや、脆いからこそか……?)、早急に結論を出したがるタイプ。ここは妙にリアルで臨場感があった。監督GJ。
あっさりと解決したなあ。何かえらく顔が幼い伊吹。
26分 青葉のシュートは枠外。続きなのに、パンツ見せてくれない……。
29分 制服コートがジャージに見える伊吹。クリスマス、あたしをプレゼント。
青葉のシュートはゴールを阻まれる。ドン引きしてる第一声が良かった。「言ったら、引くと思うんだよ」「引くから秘密なんだろ」ジャイロは良い事言うね。
30分 伊吹終了、後半はある意味初とコンパチだからなあ……故にフツー。
35分 円佳開始、大和撫子はやはり良い。車の人良い声ですね。
巫女さんは俺にベタボレだ、と思ったらキレられた。ちょっとヘンな絵。
王道の昔話的展開。一応伏線とかあったんだな、すっかり忘れてた。
一馬とくっつかなかった場合、伊吹は弟狙いなんだろーか。
36分 <Gooooal!>いすずの1号は王道の正面から。だからパンツにモザイクはかけるな。
37分 <Gooooal!>いすずの2号。ヘディングにチャレンジするえっちな巫女さん、履歴消してなさそう。ちなみに選択肢によっては省かれる。サイドエピソードで練習風景を入れてくれれば完璧だった、いやむしろ練習風景を!
38分 テンパる円佳ちゃん、よくある攻げ……くっ、でもやっぱり可愛いなッ!
胸で落とすには無理のある態勢では? 連続攻撃も冗長に感じてしまった。このライターはゴール前がイマイチ。
いすずのシュートはゴールを阻まれる。円佳さんは声が大きいのではしたない可愛い。
なにこの巫女エロい。あれ? 10位以内ご褒美Hは?
39分 <Gooooal!>いすずの3号。恥ずかしさに慣れる特訓キタ――(゚∀゚)――!! パンツにモ(ry
40分 『仕置人』が首を絞めるのは14話だな、マニアック。
42分 かずま の ごういんな ドリブル!
43分 <Gooooal!>いすずの4号、シュートを繰り返し何とか押し込む。元日から姫初めの円佳ちゃんは淫乱カワイイ。
44分 グランドフィナーレ的なエンディング、全キャラクリアーが条件かな?
円佳終了、俺が宮司だ。どうみても真ヒロインですありがとうございました。
45分 何かエピソードが追加された的な? ロリマドカちゃんも可愛い。円佳関係は結構色々変わる。
まさかの三部エンド、オリジナルのこのシーンは何度見ても良い。
円佳選択肢回収してて気付いたが、上のエンディング曲はプレイ中たった一回しか流れないので注意だ。
46分 アディショナルタイム、女将SS。一瞬で終わった……何だこれ。
47分 アディショナルタイムタイムその2、バレンタインパッチ。こんなところでも円佳が可愛い。
森谷のシュートはゴールを阻まれる。森谷さんお疲れ様です。
49分 <Gooooal!>日々野の4号。わあ、変態だ。精液の表現がグレードアップしてる気がする。
寝具メーカーらしく、主力商品である抱きまくらの宣伝をして試合終了。
試合終了 田舎でモテる話。横パスを繋ぎ全員で試合を作っていくスタイルなのは良いが、緩急に乏しく中盤が間延びした試合。また起承転結の結の後もしばらく続くので、人数とも相まって冗長に感じた。芝は悪くないのかもしれないが、手入れを怠ったのは間違いなく、パスミスを含め致命的なミスが多い。シュートは多い、しかし枚数時間共に物足りず。攻撃の最大の売りであったバイノーラルは機能せず、ゴール前は静寂に包まれた。ただチャレンジの心は評価したい。選手は及第点以上が多く、頑張っていたと思うだけに、最初のポジションが明暗を分ける結果になったのは残念。GKは涼香がつばすの穴を埋める獅子奮迅の活躍。あとの二人はほとんど存在感を示せなかった。人数と内容を整理して、攻めの時間をもっと増やせばもう1ランク上を狙えた試合。涼香サポの絵買いといすずサポの声買い以外での満足は難しいかもしれない。
監督
上様(球団オーナー)
3.0 シナリオは平凡レベルをかろうじて保っているが、選択肢を自分で増やして、結果フラグ管理に失敗とか冷笑を禁じえない。バイノーラルとかやる前にまずは基礎だろ。ゴール前はどちらも選手の技量に頼り切る場面が多く、円佳シナリオでそれを特に強く感じた。九度の延期の末にこの完成度では、寝具メーカーと呼ばれても已む無し。

フラビオ越前の一言
「上様はまずその延期体質を何とかすべし」

無料アクセス解析

■ 2010/12/17 少交女 戦 ■
(たぬきそふと池袋スタジアム)

少交女 --------------------------
     少交女 vs Kowalski.
   8 − 5
   14         12
   6 − 7
--------------------------
amazon
得点 前半7分: (非公開につき、集計なし)
前半9分: (非公開につき、集計なし)
前半11分: (非公開につき、集計なし)
前半18分: (非公開につき、集計なし)
前半22分: (非公開につき、集計なし)
前半36分: (非公開につき、集計なし)
前半39分: (非公開につき、集計なし)
前半42分: (非公開につき、集計なし)
後半15分: (非公開につき、集計なし)
後半21分: (非公開につき、集計なし)
後半30分: 絢音 (非公開につき、集計なし)
後半34分: 絢音 (非公開につき、集計なし)
後半36分: 絢音 (非公開につき、集計なし)
後半38分: 絢音 (非公開につき、集計なし)
交代 なし
MVP:野々原幹
監督:猫舌あち、華南恋、早川清子、武藤礼恵

早川一馬 2.0 「二次元から出てこないでください、この犯罪者」と言ってしまいそうなほど変態だと思うが、たぬきサポに言わせればこんなのまだまだ可愛らしい部類に入るらしい。人間の業は深いね。個人の嗜好に口を出す気はないが、TPOを弁えずに打ちまくるのはどうかと思った。大人でしょ。
(綾部結花) 8.5 ()内は予想スタメンであって、公式発表では無い。知らない名前だが、その他のサンプルを聴いた限りでは間違いないと思う。前半の小悪魔プレーが奇跡的に良い、後半は普通のプレーになってしまいシュートもやや息切れだった。しかし素晴らしい新人には変わりなく、今後の活躍次第では十分に代表入りも期待できる逸材だと思う。
(湖月紅れ葉) 7.0 J2で数試合、J1で一試合を見たことがあるが、このポジションが湖月かどうかは正直良く分からない。強気な(プレーの)イメージがある湖月がこういうふんわりしたプレーも出来るとなれば驚きである。このシナリオでは司令塔がどんどん調子に乗るので見ててムカツク。
(真宮ゆず) 9.0 これは真宮で間違いないはず。むしろ真宮目当てで観に行った試合なので、違ってたらガッカリだ。ツンデレサイドを好演。サイドってのはクセのある選手が多い気がするが、真宮のサイドというのは良い意味で普通。そこが逆に良いんじゃあないかと常々思ってる。
(姫川あいり) 7.0 サイドが主戦場という意味でも、姫川という予想はアリだと思う。基本大人しくて皆に守ってもらってる感じだが、時折「あのね、小さい子好きになっちゃいけないんだよ?」「兄妹で好きになっちゃいけないんだよ?」と鋭いキラーパスを通して相手を凍りつかせる。
野々原幹 7.5 ロリの大御所でリーグを代表するベテランGK。これまでは余りにもLowすぎて敬遠していたのだが、ようやく見られる高さにまで上がってきてくれた。個人的にはこの高さを維持し続けてほしいと思う。高い技術に裏打ちされた変態プレーの数々には筆舌に尽くし難い迫力がある。完成されたGKではあるが、時に目が……何ていうか虫っぽく? 見えて気持ち悪い時がある。

試合経過
家庭教師が教え子を喰いまくる話。シナリオはラストにちょろっとあるくらいで、あとは全編変態シュートの嵐。自分のファーストシュートは先方宅の脱ぎたてパンツにいきなりぶっかけるというものだったので、軽く引いた。人を選ぶのは間違いないので、事前練習等を見て判断。シュートは非常に多い、というかシュートしか無い。枚数普通で、時間は長い。傾向としては普通半分、変態半分という感じ。基本は各個撃破だが、おまけで全員攻撃もあり。いずれも破壊力は抜群で、ツボにはまればあっという間にラグビースコア。選手は全員がMVP級の活躍で甲乙つけ難い。終盤の怒涛の攻撃にはどの選手も手を焼いていた感じだが、テクニックは無くとも気持ちで負けている選手は一人もいなかった。これが非公開とは何とも残念。この選手の次の試合が見たいというサポーターも多いのでは? 
猫舌あち
華南恋
早川清子
武藤礼恵
4.5 シナリオに順位をつければ、絢音>凛>遥>柚の並びか。そのまま司令塔が世間様に迷惑を掛けてない順だと思う、つくづく自分モラリストだなあ……。ただどのシナリオも投げっぱなしな感じで終わるので正直大差ない。絢音は武藤かな? ハートマーク的に。

フラビオ越前の一言
「ロリコンども集まれ!」

■ 2010/12/24 のーぶる☆わーくす 戦 ■
(大阪ゆずソフトスタジアム)

のーぶる☆わーくす --------------------------
    ぶるくす vs Kowalski.
   7 − 4
   14         10
   7 − 6
--------------------------
amazon
得点 前半17分: 青葉 (Todays Goal=1/年間通算=4)
前半19分: 青葉 (Todays Goal=2/年間通算=5)
前半29分: 佐々 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半36分: 夏野 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半38分: 夏野 (Todays Goal=2/年間通算=2)
前半40分: 夏野 (Todays Goal=3/年間通算=3)
前半42分: 夏野 (Todays Goal=4/年間通算=4)
後半13分: 真中 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半16分: 真中 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半18分: 古澤 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半20分: 真中 (Todays Goal=3/年間通算=3)
後半35分: 五行 (Todays Goal=1/年間通算=1)
後半36分: 五行 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半39分: 五行 (Todays Goal=3/年間通算=3)
交代 後半0分: こぶいち→むりりん
MVP:夏野こおり
監督:天宮りつ、北川晴、J・さいろー

藤島匠 6.5 そつのない司令塔。年齢の割に落ち着いているのはやはり豊富な人生経験がそうさせるのか。欠点らしい欠点は見当たらないが、面白味には欠ける。とはいえゆず歴代の司令塔でNo.1なのは間違いない。湿布を貼られるのを異常に嫌う傾向がある、何でだ。
真中海(風音) 8.0 いつものツンデレかと思いきや、普通に良いお姉さんでした、年下だけど。全体を見渡して判断を下すポジションに抜群の安定感で試合をリード。状況に応じたプレーの使い分けが本当に上手い選手だと改めて感じた。インパクトという点で夏野にMVPを譲ったが、王道という意味ではさすがの1トップヒロイン、彼女の時間帯が一番良かった。
夏野こおり 8.5 運動量が半端ない、試合後の脱水症状が心配されるレベル。本人もゆずでここまで攻撃的に行かされるとは思っていなかっただろう。微妙な流れでも持ち前のテクニックとパワーでねじ伏せてしまう凄い選手。消えている時間が多かったのは、仕方ないと分かっていても残念。
佐々露香(手塚まき) 5.5 決して悪いサイドでは無いが、ゴール前は相変わらずの残念さん。自分よりもむしろ他人の時間帯の方が良い働きをしていたと思う。展開も相当悪かったが、「失敬、失敬ですよ!」「エロス!○○はエロス!」が試合のベストプレーでは寂しすぎる。
青葉りんご 6.5 徹底して抑えたプレーを心掛けた。ボランチのりんごもいいものだ。ゴール前ではいつものプレーに戻る瞬間がたまに見られたが、ギャップ萌えの範囲内。ポジションにとらわれすぎて、動きに制約を受けた前半が響き、評価点が伸びなかった。
五行なずな 6.5 通常のプレーでは一番輝くものの、ゴール前には課題あり。ボールをコントロール出来るうちはまだ良いのだが、それが出来なくなった時にストライカーの本質が問われる。この試合ではメンタルにも問題があり、得意の萌えを阻害した。
鈴木蘭(車の人) 6.0 前へ行かなくていいと分かっていたからか、肩の力の抜けた良いプレー。ただその実力を知る者として、ノーシュートに勿体無いと思ってしまうのは仕方のないことか。
真琴 「その中でも、お気に入りの人がいるんでしょ?」
二周目はここで選択肢が出るんですね! わかります。
井村屋ほのか 7.5 ゆず歴代最高のCBとして、一流のプレイを存分に披露。シュートなしでこの点数は素晴らしい。恋愛SLGと同人誌のところは思わずセーブしてしまった。
みる 5.5 ゆずで全試合出場記録を続けているが、今回は奮わず。次は仕分けとも噂されているので心配。何故そこまでドッペル推しなんだ……。
鈴木達央 6.0 汗かき役として非常に頑張った。ひなた√では失点の起点になってしまったが、悪いのは監督。むしろもうちょっと報われてもいい選手。最後ちゃっかり怪しい女とくっついているとかあってもよかった……お嬢はやらんが。
古澤徹 7.0 ゆず初のフリーキックによる得点を記録したのは、なんとオッサン。しかし娘と絡まなければ良く出来た人格者で、司令塔とのパス交換も面白い。このたびの勝利にはこういう選手が後ろを支えてくれたことも大きいと思う。
こもわた遥華 6.0 好きな人には申し訳ないが、あまり興味がない。仕事はきっちり丁寧だと思う。ただ、将棋の駒はマスの中に置くんだぜ……。
こぶいち 9.0 もう趣味のレベルだが、自分はやはりこぶいちのダイナミックなプレーと身体の使い方が好きだ。しかし立ち絵は今回微妙だった気がする。来年はセリエA(アニメ)への挑戦が決まっているが、リーグで培った実力を存分に発揮してきてくれると信じている。
むりりん 8.0 むりりん絵のキャラの方が顔は可愛いかった。プレーだけでなく、自ら意見してチームを良くしようとする選手だと聞いている。こちらもピンではないが、来年は海外挑戦.。完成されたこぶいちと違い、まだまだ成長の余地はあると思うので頑張ってほしい。

試合経過
前半開始 麻夜→ひなた→静流
3分 何かすごい不自然なパンチラキタ――(゚∀゚)――!!
五行のシュートは枠外。ラッキースケベは主人公の証。
井村屋の一流メイドが試合を引っ張る。
5分 何かきれいだったんで思わずここで終わりにしてしまった。
8分 瀬奈はエロメイド妄想系、いいぞ。
後輩、ここまでは安定した試合運びだ。
お嬢がいいやつすぎる。
五行の声だけちょっと小さい気がする。
10分 みんな金持ちの割にはフツーの私服だ、それともこれが本当の富豪ってやつなのか?
ラッキースケベx5、下着も普通だ……。車の人はアシストしまくりだ。
次々とパンチラが寄ってくる、重力=愛!
球技大会、問題全て解決でめでたしめでたし。お嬢様の尻。
11分 あれ? イイ感じにお嬢様ルートだと思ったんだがゲームオーバー?
12分 洗濯で妄想、ごちそうさまでした。
13分 なかなかお嬢様ルートに入れないので、方針転換。
話上仕方が無いんだろうけど、お嬢の実家についてだけ主人公が鈍すぎて何かなあ。
ブロマイド、予想はつくが。広島じゃけえのお。
虎徹がいいナイトすぎる。
15分 ラブラブになってからがちょっと中だるみ。
青葉のシュートはゴールを阻まれる。ファーストシュートは正面。
青葉のシュートはゴールを阻まれる。おしいヘディング。
親父さん、無理して怖そうに喋らなくても良いのに。
17分 <Golaco!>青葉の1号はヘディングシュート。素晴らしいというより他にない。
19分 お嬢のキス顔アップ可愛いな、ゆずは毎回必ずこれを入れてくれるから好きさ。
<Golaco!>青葉の2号は後ろから。いい絵だ。
20分 お嬢終了。さすがに893絡みのところは難しいのかさらりと流したなw
25分 ちょっとだけ先生√っぽかった。あるのかな?
佐々のシュートは枠外。いいパンツだ。
<Lost!>お嬢√なら分かる虎徹の行動もこの√では違和感ありあり。
ここも長い。
佐々のシュートはゴールを阻まれる。
佐々のシュートはゴールを阻まれる。六麓学園の制服は正直好みじゃないので、これが一番ゴールに近いシュートだったかも。
28分 <Lost!>授業に出ず、医務室にも現れないことがバレたら、もっと問題になりそうだと思うが。
佐々のシュートは枠外。来ないねえ。
藤島のドリブル突破が……来ない。またこのパターンかよと思っていたので助かった。
29分 <Golaco!>佐々の1号。むりりんGJ!
30分 <Lost!>ひなた終了。3失点で微妙だが、最期の日をちゃんと描いたのとラストのドレス姿だけは良かった。
31分 ロリ先輩が可愛いなあ。久々に夏野の本気を見た気がする。
33分 関西はネジを「マメる」って言うのか? 関東は「ナメる」だよな?
34分 夏野のヘディングシュートはゴールを阻まれる。お喋りがすぎるというか、ちょっと攻撃が長すぎた。
35分 主人公、影武者であること忘れてるだろ。打っちまったがいいのか。
36分 デレた、何このかわいい生き物。
<Golaco!>夏野の1号。背景が微妙に合ってない気がしたがまあ許す。立て続けに3枚のイエローが飛び交う結果に。
38分 <Golaco!>夏野の2号はPK。夏野の個人技恐るべし、お嬢様はしたないですよ。
40分 いってきま、つーん!
<Golaco!>夏野の3号は正面から。やり過ぎな気もしなくはないが、たまにはいい。
42分 <Golaco!>夏野の4号。上から叩きつけるように決めた。お嬢様のあまりのエロさにイエローも。
43分 <Lost!>ルビまで振っておいて「間逆」はないだろう。「まぎゃく」って言いたいのは語感的な部分が多分にあると思うのだが、この台詞の場合、普通に正反対でもいけるはず。
45分 しーちゃん終了、最後はあっけない。良くもなく、かといって悪くもなく。
前半終了 環境周りがすげぇ快適。さらに出来るようになったな、ゆずソフト!
後半開始 蛍→灯里→瀬奈
1分 先生と仲良くする日々、真琴ルートはどうも無さそう。
みるのシュートはゴールを阻まれる。振って湧いたようなシュートでは流石に厳しい。
5分 <Lost!>先生終了、天神乱漫の時も思ったがこういう中途半端はやめようぜ。
10分 乙女ゲームが趣味のメイド長。井村屋の「え?」はもうちょっとでゴールだった。
この時間帯は五行がポスト役。
いくら何でも初心すぎとは思うが、お嬢様がゴール前で躊躇った理由はとても理解できた。
13分 <Golaco!>真中の1号。ヘディングでの落とし、正面からのシュート、どちらも完璧な崩しだった。
16分 <Golaco!>真中の2号は後ろから。これもパーフェクト。
18分 <Golaco!>古澤の1号。まさかゆずにフリーキックを決められる日が来るとは……!
19分 <Lost!>クレープを知らないとかちょっと無理ないか。朱里と兄弟になってそんなに経ってないとか言ってたような気が。
20分 <Golaco!>真中の3号。抑えつけて正面から叩きつけるようなシュート。
23分 おお、ゆずソフトに伏線が!
24分 真中のシュートはゴールを阻まれる。最後はフォーマルに決めたかった。
25分 灯里終了。この時間帯がゲーム中1番良かった。
30分 巨乳メイドのエロ妄想にひたすらニヨニヨする日々かと思いきや、何かいやーな流れになってきた。
32分 <Lost!>何かこのお嬢様の物言いは理不尽でむかつくな。
33分 <Lost!>結局瀬奈が悪いだけの気がする、感謝はしてるけど苦手(なんかヤダ)だって親戚に正直に話せよ。向こうも気を使うんだし。
34分 <Lost!>親戚と匠、どこで差がついたのか、慢心、環境の違い……( ゚д゚)ハッ!まさかイケ○ンに限るなんてことは……。
立て続けの3失点は痛い。話には期待できないな、こりゃ。
35分 <Golaco!>五行の1号。PKをきっちり決める。
36分 <Golaco!>五行の2号。正面で受けて、上から落とすシュート。
38分 この時間帯は結構静流先輩が絡む、珍しい。
五行のシュートは枠外。入念な練習をして望んだ胸トラップ&シュートだったが決まらず。
39分 <Golaco!>五行の3号。ブレ球の跳ね返りを後ろから押し込んだ。ブレ球の時によく我慢した。
40分 二人とも三年の11月なんだからそんなに心配することも無いのでは? それともこれが一時も離れていられない恋人たちというヤツなのか……。
41分 解決策その1。うーん、微妙。
42分 解決策その2。微妙が二度続いた。
43分 五行のマットプレーはゴールを阻まれる。ゆず伝統のお風呂攻撃。
45分 <Lost!>瀬奈終了。キャラは良かったがシナリオがダメ。ラストの絵は可愛い。
一流メイドのロスタイム来い!の願いも虚しく試合終了。
シナリオ検索なんてものまで出来る……! これは、凄いな!
試合終了 影武者になってセレブ学園生活を体験する話。『天神乱漫』戦と同じ横パスを回してゲームを作っていくスタイルだが、初めてそれが功を奏した。時間帯による差はあまりなく、無難に話が進むが、最初のシュートまでが長く、中だるみ感はある。パスミスも珍しく多い。芝はワムソフト産で状態はパーフェクト。シナリオ検索&ジャンプ機能も凄いが、「CheeseWare MotionEditor」により(?)、ウィンドウを閉じてても(直近にやった『いき恋』はこれが出来なかった)表情がコロコロ変わるのが地味に凄い。ゆずソフトスタジアムは2010年現在最も完成されたピッチだと言っても良い。シュートは多く、枚数普通で時間は長い。オーソドックスなシュートが中心とはいえ、これまでで最も攻撃的なゆずソフトだった。選手の実力はいずれも申し分なしだが、ゴール前での差はわずかながら存在する。真中、夏野あたりは流石。シナリオの弱さを、総合力で補った好ゲーム。派手さは無いが完成された萌え試合として多くの人におすすめできる。5年をかけて、ついにゆずが優勝を狙えるところにまで辿り着いたことに、ただただ今は感無量である。
監督 7.0 灯里がベスト、二番手は濃いエロで静流。三番手はキャラが強い瀬奈。麻夜は印象が薄く四番手、上記に加えさらに失点のひなたがワースト。采配に順位をつけるとこんな感じ。ただベストの灯里もルートによって設定の整合性が取れてなかったりする。それにお嬢様=政略結婚という図式がほぼ全キャラ(メイド除く)に渡って展開するのは如何なものか。攻撃に一流メイドを使わなかったのは個人的に失敗。あと静流ルートの人はミスパスを強く反省してもらいたい。

白井ペレの一言
「下着がセレブっぽくない気がするが、セレブの下着を見たことがないので分からない」

無料アクセス解析

■ 2010/12/30 セリフで感じて!声優どうし 戦(J2) ■
(すたじおもみじ運動公園内競技場)

--------------------------
   声優どうし vs Kowalski.
   2 − 0
   5         2
   3 − 2
--------------------------
得点 前半10分: 葉市 (Todays Goal=1/年間通算=1)
前半33分: 葉市 (Todays Goal=2/年間通算=2)
後半13分: 葉市 (Todays Goal=3/年間通算=3)
後半24分: 葉市 (Todays Goal=4/年間通算=4)
後半47分: 葉市 (Todays Goal=5/年間通算=5)
交代 なし
MVP:po*
監督:和泉万夜

葉市憂 アマチュアのプレーを要求されていたので、非常にリアルだったというのが褒め言葉になるのかどうか分からないが、頑張っていたとは思う。シュートはまだまだ練習の必要アリだと感じた。
福田純 これといって悪いプレーは無いが、ほとんどの人は途中でベンチに下げてしまうであろう可哀想な選手。ちなみに下げてもバックログにすればセリフを聞けます。個人的にはショタっ子にもチャレンジしてほしかった。
po* 実力的にはJ1で余裕でやれるはずなのだが、本人が好きなのかJ2を渡り歩いてる感がある。監禁少女【re:union】の頃と比べるとどんどん身体がリアル志向にチェンジしており、萌え顔とのバランスが絶妙。やりすぎるとダメになる危険があるが、このギリギリのラインを保っていけば、オンリーワンのGKになれる可能性もある。

試合経過
ネット声優の日常を描くAVG。ただの放り込みではなく一応ストーリーがある。安定のシステムにシュート数は必要十分。枚数時間ともに普通で、痴漢、催眠、触手などバリエーションは豊富。ただきっついスカがひとつあるので苦手な人は見ないほうがいい。アンダーヘアもあるが、リアルで上品な感じなので個人的にはアリ。ただ苦手の断面と同じようにONOFF出来た方がよりユーザーフレンドリーだと思った。手書き効果音は素晴らしいの一言、これのおかげでゴールシーンの迫力がいや増す。1トップはゴール前での動きとシュートの両方に不安を残すが、ゲームのコンセプト的には超リアル。通常プレーは問題なし。GKは二部にいて良い選手では無い。本気で見るにはやや短く、物語が完結しないことを除けば、完成度の高い好ゲーム。続きをわりと本気で待ってる、孕ませに飽きたらまた作ってほしい。
和泉万夜 5.5 短いが、パスミスが無かった(と思う)のは偉い。清子のキャラはわりとおもろいが変顔に逃げすぎでもある。ここで言うことじゃないが、塗りをもうちょっと何とかしてもらえないかなあ……。アイキャッチもちょっと多い(飛ばせるが)。

フラビオ越前の一言
「良い絵に限って、スカトロだったりフタナリだったりするのは何でなんだぜ……」

SNEGリーグトップへ戻る

inserted by FC2 system